Redstub

極小タイトル

.descのテキストです。5段階中の3段階目です。BEMを使った命名がとても明快で、このところHTMLやCSSを書くのによく使っている。CSSのクラス名として書く場合は、BEMをCSS用に使いやすくしたMindBEMdingという書き方を採用している。最初にこれを知ったときは「こんな汚い記述の仕方は使いたくない」と思ってたんだけど、すっかり慣れて、今ではその明快さにちょ っと心酔しかけているほど。上記の2つの文書はどちらも@junyaさんが日本語に訳してくれている。

小タイトル

.descのテキストです。5段階中の3段階目です。BEMを使った命名がとても明快で、このところHTMLやCSSを書くのによく使っている。CSSのクラス名として書く場合は、BEMをCSS用に使いやすくしたMindBEMdingという書き方を採用している。最初にこれを知ったときは「こんな汚い記述の仕方は使いたくない」と思ってたんだけど、すっかり慣れて、今ではその明快さにちょっと心酔しかけているほど。上記の2つの文書はどちらも@junyaさんが日本語に訳してくれている。

タイトル

.descのテキストです。5段階中の3段階目です。BEMを使った命名がとても明快で、このところHTMLやCSSを書くのによく使っている。CSSのクラス名として書く場合は、BEMをCSS用に使いやすくしたMindBEMdingという書き方を採用している。最初にこれを知ったときは「こんな汚い記述の仕方は使いたくない」と思ってたんだけど、すっかり慣れて、今ではその明快さにちょっと心酔しかけているほど。上記の2つの文書はどちらも@junyaさんが日本語に訳してくれている。

大タイトル

.descのテキストです。5段階中の3段階目です。BEMを使った命名がとても明快で、このところHTMLやCSSを書くのによく使っている。CSSのクラス名として書く場合は、BEMをCSS用に使いやすくしたMindBEMdingという書き方を採用している。最初にこれを知ったときは「こんな汚い記述の仕方は使いたくない」と思ってたんだけど、すっかり慣れて、今ではその明快さにちょっと心酔しかけているほど。上記の2つの文書はどちらも@junyaさんが日本語に訳してくれている。

極大タイトル

.descのテキストです。5段階中の3段階目です。BEMを使った命名がとても明快で、このところHTMLやCSSを書くのによく使っている。CSSのクラス名として書く場合は、BEMをCSS用に使いやすくしたMindBEMdingという書き方を採用している。最初にこれを知ったときは「こんな汚い記述の仕方は使いたくない」と思ってたんだけど、すっかり慣れて、今ではその明快さにちょっと心酔しかけているほど。上記の2つの文書はどちらも@junyaさんが日本語に訳してくれている。

  • unorderd list 1unorderd list 1unorderd list 1unorderd list 1unorderd list 1unorderd list 1unorderd list 1unorderd list 1unorderd list 1unorderd list 1unorderd list 1unorderd list 1unorderd list 1
  • unorderd list 2
  • unorderd list 3
  • unorderd list 4
  • unorderd list 5
  1. orderd list 1
  2. orderd list 2orderd list 2orderd list 2orderd list 2orderd list 2orderd list 2orderd list 2orderd list 2orderd list 2orderd list 2orderd list 2orderd list 2
  3. orderd list 3
  4. orderd list 4
  5. orderd list 5

スタイルシートが普及する以前はインデントを実現する手段が他に無かったため、はインデントの代役として使用された時期もありましたが、本来の意味は「引用」です。インデントの目的にはスタイルシートの margin-right や margin-left を用いてください。

2カラムボックスの

BEMを使った命名がとても明快で、このところHTMLやCSSを書くのによく使っている。CSSのクラス名として書く場合は、BEMをCSS用に使いやすくしたMindBEMdingという書き方を採用している。最初にこれを知ったときは「こんな汚い記述の仕方は使いたくない」と思ってたんだけど、すっかり慣れて、今ではその明快さにちょっと心酔しかけているほど。上記の2つの文書はどちらも@junyaさんが日本語に訳してくれている。

2カラムボックスの

BEMを使った命名がとても明快で、このところHTMLやCSSを書くのによく使っている。CSSのクラス名として書く場合は、BEMをCSS用に使いやすくしたMindBEMdingという書き方を採用している。最初にこれを知ったときは「こんな汚い記述の仕方は使いたくない」と思ってたんだけど、すっかり慣れて、今ではその明快さにちょっと心酔しかけているほど。上記の2つの文書はどちらも@junyaさんが日本語に訳してくれている。

3カラムボックスの

BEMを使った命名がとても明快で、このところHTMLやCSSを書くのによく使っている。CSSのクラス名として書く場合は、BEMをCSS用に使いやすくしたMindBEMdingという書き方を採用している。最初にこれを知ったときは「こんな汚い記述の仕方は使いたくない」と思ってたんだけど、すっかり慣れて、今ではその明快さにちょっと心酔しかけているほど。上記の2つの文書はどちらも@junyaさんが日本語に訳してくれている。

3カラムボックスの

BEMを使った命名がとても明快で、このところHTMLやCSSを書くのによく使っている。CSSのクラス名として書く場合は、BEMをCSS用に使いやすくしたMindBEMdingという書き方を採用している。最初にこれを知ったときは「こんな汚い記述の仕方は使いたくない」と思ってたんだけど、すっかり慣れて、今ではその明快さにちょっと心酔しかけているほど。上記の2つの文書はどちらも@junyaさんが日本語に訳してくれている。

3カラムボックスの

BEMを使った命名がとても明快で、このところHTMLやCSSを書くのによく使っている。CSSのクラス名として書く場合は、BEMをCSS用に使いやすくしたMindBEMdingという書き方を採用している。最初にこれを知ったときは「こんな汚い記述の仕方は使いたくない」と思ってたんだけど、すっかり慣れて、今ではその明快さにちょっと心酔しかけているほど。上記の2つの文書はどちらも@junyaさんが日本語に訳してくれている。

3カラムボックスの

BEMを使った命名がとても明快で、このところHTMLやCSSを書くのによく使っている。CSSのクラス名として書く場合は、BEMをCSS用に使いやすくしたMindBEMdingという書き方を採用している。最初にこれを知ったときは「こんな汚い記述の仕方は使いたくない」と思ってたんだけど、すっかり慣れて、今ではその明快さにちょっと心酔しかけているほど。上記の2つの文書はどちらも@junyaさんが日本語に訳してくれている。

3カラムボックスの

BEMを使った命名がとても明快で、このところHTMLやCSSを書くのによく使っている。CSSのクラス名として書く場合は、BEMをCSS用に使いやすくしたMindBEMdingという書き方を採用している。最初にこれを知ったときは「こんな汚い記述の仕方は使いたくない」と思ってたんだけど、すっかり慣れて、今ではその明快さにちょっと心酔しかけているほど。上記の2つの文書はどちらも@junyaさんが日本語に訳してくれている。

3カラムボックスの

BEMを使った命名がとても明快で、このところHTMLやCSSを書くのによく使っている。CSSのクラス名として書く場合は、BEMをCSS用に使いやすくしたMindBEMdingという書き方を採用している。最初にこれを知ったときは「こんな汚い記述の仕方は使いたくない」と思ってたんだけど、すっかり慣れて、今ではその明快さにちょっと心酔しかけているほど。上記の2つの文書はどちらも@junyaさんが日本語に訳してくれている。

3カラムボックスの

BEMを使った命名がとても明快で、このところHTMLやCSSを書くのによく使っている。CSSのクラス名として書く場合は、BEMをCSS用に使いやすくしたMindBEMdingという書き方を採用している。最初にこれを知ったときは「こんな汚い記述の仕方は使いたくない」と思ってたんだけど、すっかり慣れて、今ではその明快さにちょっと心酔しかけているほど。上記の2つの文書はどちらも@junyaさんが日本語に訳してくれている。